有効需要政策(読み)ゆうこうじゅようせいさく(英語表記)effective demand policy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有効需要政策
ゆうこうじゅようせいさく
effective demand policy

国民経済の有効需要を財政政策や金融政策を用いて調整し,持続的かつ安定的な経済成長を実現しようとする経済政策。財政政策は景気の状況に応じて財政収支を調整し,乗数効果を通じて有効需要の調整をはかり,金融政策は公定歩合公開市場操作預金準備率などの調整を通じて貨幣の需給調節をして間接的に消費および投資需要を調整する。 (→補整的財政政策 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android