コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有栖川宮妃貞子 ありすがわのみやひ さだこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有栖川宮妃貞子 ありすがわのみやひ-さだこ

1850-1872 幕末-明治時代,有栖川宮熾仁(たるひと)親王の妃。
嘉永(かえい)3年10月27日生まれ。徳川斉昭(なりあき)の11女。慶応3年将軍徳川慶喜(よしのぶ)の養女となり,明治3年熾仁親王と結婚。和歌を小池道子に,書を斉昭正室の吉子(よしこ)にまなぶ。明治5年1月9日死去。23歳。江戸出身。幼名は茂姫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

有栖川宮妃貞子の関連キーワード熾仁親王妃貞子明治時代嘉永

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android