有機ELディスプレー(読み)ユウキ イー エル ディスプレー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

有機ELディスプレー

有機物の発光体に電圧を流して発光する効果を利用したディスプレー。ガラス基板上にこの蛍光物質の薄膜を作り、透明電極で電圧をかけて発光させる。液晶ディスプレーと比べて、消費電力や視認性、応答速度などの面で優れている。カーオーディオのディスプレーなどで利用されているが、近年では、携帯電話用やパソコン用のディスプレーにも採用され始めている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

有機ELディスプレー

新世代ディスプレーの1つ。自らが発光するので視野角の制限がない点が、バックライトが必要な液晶に対してのメリット。超薄型化が可能で、壁掛けテレビにも発展でき、さらに紙のように薄くて曲げられるペーパーテレビへの展開も。低電圧駆動、低消費電力も利点で、動作速度が速く、動画再生に強い。原理はEL(エレクトロ・ルミネッセンス=有機素材に電気を通すと自ら発光する)現象で、有機物質を発光材料にする。各社は液晶、プラズマの次の世代のテレビとして、開発を加速化させている。2007年12月に、ソニーが11インチ型で世界初の発売を果たした。自発光ならではの、高画質が堪能できる。

(麻倉怜士 デジタル・メディア評論家 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

有機ELディスプレー

電気を流すと光る性質を持つ有機材料を使った薄型ディスプレー。自ら発光するため、バックライトで照らす液晶と比べて薄くて軽く、大きく曲げられるなどデザインの自由度も高い。生産効率の悪さや寿命の短さが難点だが、少しずつ改善されてきている。

(2016-08-10 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆうきイーエル‐ディスプレー〔イウキ‐〕【有機ELディスプレー】

organic electroluminescence display携帯電話などの携帯端末のディスプレーやテレビなどに使われる薄型表示装置の一。蛍光体に電圧をかけると発光するエレクトロルミネセンス現象を利用する。高輝度で低電力という特徴をもつ。蛍光体には有機物を使う。蛍光体に無機物を使う無機ELディスプレーに比べ、カラー表示が容易である。有機LEDディスプレーOLEDディスプレーOELD。→有機EL

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ゆうきイーエルディスプレー【有機ELディスプレー】

電圧を加えると発光する有機材料を用いたディスプレー。液晶ディスプレーに比べて鮮明で応答速度がはやい。自ら発光するので、液晶のようにバックライトを必要としないため、超薄型化が可能。◇「EL」は「electroluminescence」の略。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有機ELディスプレーの関連情報