コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無漏 むろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無漏
むろ

仏教用語。れるものがないこと,漏泄する不浄なものが尽きていること。ここから,けがれがない,煩悩がないことの意に変った。この反対が有漏。仏は五神通 (あるいは六神通 ) を具備するといわれるが,そのなかでも仏を他の聖者と区別する神通として漏尽通がある。一切の漏泄が尽きている神通で,この神通を得ているか否かで仏と他の聖者とを区別する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

む‐ろ【無漏】

《「漏」は煩悩(ぼんのう)の意》仏語。煩悩のないこと。また、その境地。⇔有漏(うろ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

無漏【むろ】

仏教の用語。漏は人間の煩悩(ぼんのう)をさし,それを断滅した状態を無漏という。涅槃(ねはん),悟りと同義。また無漏に達する前の凡夫を有漏(うろ)という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

むろ【無漏】

〘仏〙 〔「漏」は煩悩ぼんのうのこと〕 悟りが開け、迷いや欲望がなくなったこと。 ↔ 有漏うろ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無漏の関連キーワード慈恩寺(中国)帝国電機製作所惟草庵寥岱増田 日遠有漏・無漏平等性智能勢妙見牟漏女王大有有諸有漏種子有漏道有漏智無漏法有漏路歓喜地妙見山有漏法二道法身

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無漏の関連情報