コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有竹修二 ありたけ しゅうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有竹修二 ありたけ-しゅうじ

1902-1976 昭和時代の新聞記者。
明治35年5月2日生まれ。大正15年朝日新聞社に入社。昭和17年論説委員となり「神風賦」(「天声人語」の前身)を担当。21年時事新報にうつり,編集局長などをへて常務。のち産業経済新聞論説委員。昭和51年6月3日死去。74歳。兵庫県出身。慶大卒。著作に「昭和経済側面史」「昭和の宰相」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

有竹修二の関連キーワード新聞記者前田米蔵荒木貞夫昭和時代斎藤実

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android