コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有角石斧 ゆうかくせきふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有角石斧
ゆうかくせきふ

弥生時代中~後期に用いられた磨製石器の一つ。磨製石斧の中央部がふくらんで突起両端につき,刃部が蛤刃を呈する特異な形態をしている。石材硬度で重量のある閃緑岩を用い,刃部を縦に柄に取付けてまさかりのように木工具として使用した。この石器の分布は東日本に偏在している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

有角石斧の関連キーワード南小泉遺跡弥生時代

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android