コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有馬頼咸 ありま よりしげ

1件 の用語解説(有馬頼咸の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有馬頼咸 ありま-よりしげ

1828-1881 幕末-明治時代の大名。
文政11年7月17日生まれ。有馬頼徳(よりのり)の子。弘化(こうか)3年兄頼永(よりとお)の跡をつぎ,筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩主有馬家11代となる。殖産興業の奨励や近代的軍備の導入などをおこなう。明治4年大楽源太郎らの藩内隠匿(いんとく)に関し,新政府より謹慎処分をうけた。明治14年5月21日死去。54歳。初名は慶頼(よしより)。号は対鴎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の有馬頼咸の言及

【久留米騒動】より

…幕末久留米藩における藩内闘争。1844年(弘化1)久留米藩10代藩主となった有馬頼永(よりとう)は,水戸学の影響をうけた村上守太郎ら天保学派の支持を得て藩政改革に着手,大倹令を発し軍制改革を断行したが,わずか2年にして急逝し,藩政改革は挫折した。46年,弟の頼咸(よりしげ)が11代藩主に就任すると,天保学派は真木和泉らの外同志と村上守太郎らの内同志に分裂し,50年(嘉永3)江戸赤羽の久留米藩邸における村上守太郎の参政馬淵貢に対する刃傷事件にまで発展した。…

※「有馬頼咸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

有馬頼咸の関連キーワード水野忠幹大岡忠敬加藤宗舞五島盛徳土岐頼知林双橋堀親広松浦脩森忠儀森俊滋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone