コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部仲英 はっとり ちゅうえい

2件 の用語解説(服部仲英の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部仲英 はっとり-ちゅうえい

1714-1767 江戸時代中期の儒者。
正徳(しょうとく)4年生まれ。摂津西宮神社(兵庫県)の神職の子。江戸で服部南郭にまなび,その末娘と結婚し婿養子となる。詩をよくした。明和4年6月8日死去。54歳。本姓は中西。名は元雄。通称は多門。号は白賁(はくひ),蹈海(とうかい)。詩集に「蹈海集」「蹈海集遺」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

服部仲英

没年:明和4.6.8(1767.7.3)
生年:正徳3(1713)
江戸時代中期の漢詩人。摂津(兵庫県)西宮の人。名は元雄,仲英は字。通称は多門。白賁と号す。本姓中西氏。西宮神社の祝人(下級神宮)中西平次右衛門の次男。正徳4(1714)年,父親が神社の内紛に巻き込まれ追放を受け,一家は摂津池田に移り住んだ。このころ田中桐江に入門し,のちに江戸に出て服部南郭に師事した。南郭の2人の息子が相次いで亡くなったため,宝暦3(1753)年,末娘の登免子と結婚して服部家を継いだ。詩をよくし,家名を落とすことがなかったという。<著作>『蹈海集』<参考文献>日野竜夫「文人の成立」(『徂徠学派』)

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

服部仲英の関連キーワード森周峰大塚鳩斎真田敦寛篠本越南鈴木始卿独麟原老柳益田鶴楼三縄桂林山本如春斎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone