コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部健三 はっとり けんぞう

2件 の用語解説(服部健三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部健三 はっとり-けんぞう

1885-1942 大正-昭和時代前期の薬学者。
明治18年生まれ。丹波敬三に師事し,衛生裁判化学を研究。第一次大戦中は薬品製造につとめる。欧米留学をへて大正12年東京帝大教授となり,酵素化学,コロイド化学を導入した。日本衛生化学会の創立常務委員。昭和17年3月25日死去。58歳。大阪出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

服部健三
はっとりけんぞう
(1885―1942)

薬学者。大阪生まれ。東京帝国大学薬学科出身。丹波敬三の下で衛生裁判化学を研究し、第一次世界大戦中の薬品欠乏の危機に際しては優良薬品製造に寄与した。戦後、アメリカハーバード大学からフランクフルトのコロイド化学研究所に留学し、所長ベッヒホルドHeinrich J. Bechhold(1866―1937)に師事。1921年(大正10)帰国。東大助教授を経て、1923年衛生裁判化学講座担当教授となり、酵素・コロイド化学の新分野を導入。赤血球が各種溶血試薬により異なる反応機序を解明、海外学説を覆す新知見を発表。また独創的方法により海外学者間で論争中の乳脂球の皮膜の本体を発見、ハプテンと命名した。脂溶性ビタミンコレステロール研究、火災時発生ガスの毒性調査ほか先見的研究が多数ある。日本衛生学会創立とともに会長となり、日本薬学会会頭在職中に病没した。[根本曽代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

服部健三の関連キーワード県忍池田平作酒井繁菅忠雄関口蕃樹戸川篤次那須弓雄山田賀一山本武蔵渡辺七郎

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone