コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹波敬三 たんば けいぞう

2件 の用語解説(丹波敬三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹波敬三 たんば-けいぞう

1854-1927 明治-大正時代の薬学者。
嘉永(かえい)7年1月28日生まれ。ドイツ留学後,明治20年帝国大学教授となる。大正6年東京薬専(現東京薬大)校長。日本薬局方調査委員,薬剤師試験委員などを歴任した。昭和2年10月19日死去。74歳。摂津神戸出身。東京大学卒。著作に「裁判化学」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹波敬三
たんばけいぞう
(1854―1927)

薬学者。薬学博士。神戸生まれ。父は蘭方医(らんぽうい)。11歳のとき、紀州(和歌山県)の蘭方医華岡鷺洲(はなおかろしゅう)に入門、16歳で上京した。1878年(明治11)東京大学製薬学科第1回卒業生となり、1880年、同窓生らとともに日本薬学会を創立。母校の助教授となり、1884年自費でドイツに留学、エルランゲン大学教授ヒルゲルAlbert Hilger(1839―1905)に師事、衛生・裁判化学を学んで学位を取得し、ベルリン衛生局に勤務した。1887年帝国大学薬学科初代教授となり、衛生・裁判化学講座を創設した。1899年制定の薬学博士第二号。衛生知識の普及を図って全国衛生技術者会議を結成し、衛生試験法の作成、清酒防腐剤サリチル酸利用の制定などのほか、第一次世界大戦下の薬品不足に対しては製薬工業の興隆に尽力した。東京帝国大学名誉教授、日本薬局方主査委員、日本薬学会副会頭、日本薬剤師会会長などを歴任。著書に『化学工業全書』(共著・1895)ほかがある。[根本曽代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

丹波敬三の関連キーワード日活(株)安政ナウマン安政地震リーマン本間棗軒三木勘兵衛枕状熔岩安政地震下田条約

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone