コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部兼三郎 はっとり かねさぶろう

2件 の用語解説(服部兼三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部兼三郎 はっとり-かねさぶろう

1870-1920 明治-大正時代の実業家。
明治3年11月生まれ。27年名古屋で綿糸問屋を開業。大正元年株式会社カネカ服部商店に改組し,短期間に業務を拡大し,大紡績企業にそだてあげた。会社はのち興和紡績,興和,興和新薬などのコーワグループに発展した。大正9年6月死去。51歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。旧姓は堀尾。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

服部兼三郎

没年:大正9.6(1920)
生年:明治3.11(1870)
明治大正期綿布卸商から綿糸布生産にまで多角化した名古屋の綿関係事業家。尾張国丹羽郡古知野村(江南市)生まれ。名古屋の織物卸商糸重商店に入り,主人の祖父江重兵衛の養子となるが,独立後の明治27(1894)年服部商店を開業。屋号は〓。知多木綿の集散のほか,明治末より知多での織布委託の賃織も行い,営業税額1026円の規模となる。先物で買って,実物で売る投機的取引を特徴としたが,相場変動の危険が大きいため,大正3(1914)年より生産工程に進出し,のちの興和紡績の基礎をつくる。織機の開発で有名な豊田佐吉との交流は深く,また同店からは三輪常次郎(興和紡績),石田退三(トヨタ自動車)も出ており,中部財界の源流的人物といえる。<参考文献>中部経済新聞社『中部財界人物伝』,木村茂編『商工興信録

(籠谷直人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

服部兼三郎の関連キーワード迂回生産再生産明治大学綿布卸商消費組合石綿糸薩摩治兵衛遠山孝三前川太郎兵衛

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone