コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部蘇門 はっとり そもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部蘇門 はっとり-そもん

1724-1769 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)9年閏(うるう)4月16日生まれ。京都西陣の家業の織物業をつがず,観自在堂をたてて儒学をおしえる。荻生徂徠(おぎゅう-そらい)の説に傾倒するが,のちこれを攻撃。仏教や老荘の学にもくわしく,三教主人と自称した。明和6年9月16日死去。46歳。名は天游。字(あざな)は伯和。通称は六蔵別号に嘯翁(しょうおう)。著作に「燃犀録(ねんさいろく)」「赤倮倮(せきらら)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

服部蘇門 (はっとりそもん)

生年月日:1724年4月16日
江戸時代中期の漢学者
1769年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

服部蘇門の関連キーワード慧海(2)生年月日永田観鵞薩埵元雌桑安祥儒者

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android