コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朗湛 ろうたん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朗湛 ろうたん

?-1781 江戸時代中期の僧。
融通念仏宗。摂津平野(大阪府)大念仏寺の融海の弟子通照にまなび,宝暦年間(1751-64)摂津観音寺の住職となる。天明元年11月6日死去。号は水月。法名は朗堪ともかく。著作に「両祖師絵史伝」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朗湛の関連キーワード藩学一覧鶴岡蘆水松平輝高伊丹椿園朋誠堂喜三二瀬川菊之丞ちっとそうもござるまい長松小僧天明田沼時代

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone