コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝井まかて あさいまかて

知恵蔵miniの解説

朝井まかて

日本の小説家。1959年、大阪府生まれ。甲南女子大学卒業後、広告制作会社勤務を経て独立。コピーライターとして仕事をする傍ら、小説を書き始め、2008年に「実さえ花さえ」で小説現代長編新人賞奨励賞を受賞(後に『花競べ 向嶋なずな屋繁盛記』と改題、講談社文庫収録)。13年、樋口一葉の歌の師だった明治歌人中島歌子を主人公とした歴史小説『恋歌』(講談社)で本屋が選ぶ時代小説大賞を受賞。14年には同作で直木賞を受賞した。

(2014-1-20)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

あさい‐まかて〔あさゐ‐〕【朝井まかて】

[1959~ ]小説家。大阪の生まれ。コピーライターを経て作家となる。明治の歌人、中島歌子の生涯を描いた「恋歌(れんか)」で直木賞受賞。他に「実さえ花さえ」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝井まかて あさい-まかて

1959- 平成時代の小説家。
昭和34年生まれ。広告制作会社でコピーライターとして勤めたのち独立。平成18年大阪文学学校に入学して小説を書きはじめる。20年「実さえ花さえ、その葉さえ」(のち,「実さえ花さえ」と改題)で小説現代長編新人賞奨励賞を受賞して作家デビュー。歌人・中島歌子の生涯をえがいた「恋歌」で25年本屋が選ぶ時代小説大賞,26年直木賞を受賞。27年「阿蘭陀西鶴(おらんださいかく)」で織田作之助賞。大阪府出身。甲南女子大卒。著作はほかに「ちゃんちゃら」「ぬけまいる」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝井まかての関連キーワード新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ルナ市川崑エルスケン川島雄三恐怖映画

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝井まかての関連情報