コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島歌子 なかじま うたこ

3件 の用語解説(中島歌子の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中島歌子

歌人。幼名トセ、号は萩園・萩の舎。水戸藩士林忠左衛門の妻、池田利右衛門養女。加藤千浪門人。御歌所出仕・日本女子大学校国学教授を務める。門人に樋口一葉がいる。明治36年(1903)歿、60才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島歌子 なかじま-うたこ

1845*-1903 明治時代の歌人。
弘化(こうか)元年12月14日生まれ。江戸の人。水戸藩士林忠左衛門と結婚。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の乱にくわわった夫と死別。のち加藤千浪(ちなみ)にまなび,東京小石川で歌塾萩の舎をひらいた。門人に三宅花圃(かほ),樋口一葉らがいる。明治36年1月30日死去。60歳。歌日記に「秋の道しば」。
【格言など】よしさらは月もまつへし山桜はなの木かけに日はくれにけり(「萩のしつく」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中島歌子

没年:明治36.1.30(1903)
生年:弘化1(1844)
明治時代の歌人。武蔵国入間郡森戸村(埼玉県坂戸市)生まれ。幼名登世。15歳で水戸天狗党の林忠左衛門と結ばれる。元治1(1864)年の天狗党の乱で夫が戦死。歌子も捕らえられるが,その日も悠々と歌を詠む女丈夫だった。出獄後,加藤千浪に入門。明治10(1877)年ごろから東京小石川の安藤坂に歌塾萩の舎を開き,貴顕夫人,令嬢に和歌などを教えた。全盛期には門弟が1000人をこえ,そのなかに三宅花圃,樋口一葉がいた。25年以降は衰運にむかい,「すきかへす人こそなけれ敷嶋のうたのあらす田あれにあれしを」と,一葉の日記(明治27年2月25日)に評された。<参考文献>藤井公明『続樋口一葉研究―中島歌子のこと』

(吉川豊子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中島歌子の関連キーワード浅見野井新井角丈粕谷義三清水宗徳杉本林志田口保明中山要人繁田満義福田久松山内憲氏

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中島歌子の関連情報