コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝井リョウ あさいりょう

3件 の用語解説(朝井リョウの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

朝井リョウ

小説家。1989年5月31日、岐阜県生まれ。早稲田大学在学中の2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。同作品は12年に映画化された。同年には『もういちど生まれる』が第147回直木賞候補となり、翌13年、就職活動中の大学生5人の人間模様を描いた『何者』で第148回直木賞を受賞。男性では戦後最年少、平成生まれとして初の受賞者となった。12年春からは都内の一般企業で働きながら作家業を続けている。

(2013-1-17)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あさい‐りょう〔あさゐレウ〕【朝井リョウ】

[1989~ ]小説家。岐阜の生まれ。本名、佐々井遼。大学在学中に「桐島(きりしま)、部活やめるってよ」でデビュー。「何者」で直木賞受賞。他に「もういちど生まれる」「少女は卒業しない」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝井リョウ あさい-リョウ

1989- 平成時代の小説家。
平成元年5月30日生まれ。平成21年「桐島、部活やめるってよ」で小説すばる新人賞を受賞し,現役大学生作家として注目をあびる。24年「もういちど生まれる」が直木賞候補。25年就活大学生をえがいた「何者」で直木賞(戦後最年少23歳)。岐阜県出身。早大卒。著作はほかに「チア男子!!」「少女は卒業しない」「学生時代にやらなくてもいい20のこと」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝井リョウの関連キーワード小林蹴月岐阜県岐阜市宇佐岐阜県岐阜市琴塚江馬修郷浩西尾彦朗野沢純船山馨森義一吉岡勲

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝井リョウの関連情報