朝倉敏景十七箇条(読み)アサクラトシカゲジュウシチカジョウ

大辞林 第三版の解説

あさくらとしかげじゅうしちかじょう【朝倉敏景十七箇条】

朝倉敏景(孝景たかかげ)の制定した家訓。家臣団の統制・人材登用・節約・民政の心得など一七条の規定よりなる。制定年代は未詳。「朝倉孝景条々」「朝倉英林壁書」とも。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝倉敏景十七箇条
あさくらとしかげじゅうしちかじょう

越前(えちぜん)(福井県)の戦国大名朝倉氏初代の孝景(たかかげ)(敏景(としかげ))がつくったとされる家訓。1471~1481年(文明3~13)の成立と想定される。原題はなく、十六ヶ条の写本もあって、「孝景条々」とも、「英林壁書(えいりんかべがき)」ともさまざまによばれている。世襲制を否定して人材の登用をうたう条項や、家臣の城下一乗谷(いちじょうだに)(福井市)への集住を令し、大名権力の領国への直接支配を志向した条文を含むなど、台頭する戦国大名の意思がよく示されている。[水藤 真]
『佐藤進一・池内義資・百瀬今朝雄編『中世法制史料集 第3巻 武家家法』(1965・岩波書店) ▽石井進他編『中世政治社会思想 上』(1972・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android