コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝比奈泰彦 あさひなやすひこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝比奈泰彦
あさひなやすひこ

[生]1881.4.16. 東京
[没]1975.6.30. 東京
薬学者。東京帝国大学医科大学薬学科卒業 (1905) 。スイス,ドイツに留学し R.ウィルシュテッターおよび E.フィッシャーに師事 (09~12) 。東京大学教授,資源科学研究所所長などを歴任。多くの植物成分の分離,構造決定,特に地衣類植物成分の化学的研究に多くの成果をあげ,その成果は柴田承二との共著"Chemistry of Lichen Substances" (54) にまとめられている。 1923年帝国学士院賞受賞,30年帝国学士院会員,43年文化勲章受章。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あさひな‐やすひこ【朝比奈泰彦】

[1881~1975]薬学者。東京の生まれ。欧州に留学。地衣類の成分など、植物化学・生薬学の分野の独創的な研究で業績をあげた。文化勲章受章。著「地衣類」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

朝比奈泰彦【あさひなやすひこ】

有機化学者。東京の生れ。1905年東大薬学科卒,1909年ヨーロッパ留学,帰国後東大教授となり,主として漢薬の化学成分を研究,1923年学士院恩賜賞。ビタカンファーを発見,地衣類その他各種植物成分を研究,1943年文化勲章。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝比奈泰彦 あさひな-やすひこ

1881-1975 明治-昭和時代の薬学者。
明治14年4月16日生まれ。42年渡欧してウィルシュテッターやフィッシャーにまなぶ。帰国後,母校東京帝大の教授。和漢薬の薬効成分,地衣類の研究で知られた。大正12年学士院恩賜賞。昭和18年文化勲章。戦後,正倉院薬物調査にたずさわった。昭和50年6月30日死去。94歳。東京出身。著作に「日本の地衣」,編著に「正倉院薬物」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あさひなやすひこ【朝比奈泰彦】

1881~1975) 化学者。東京生まれ。東大教授。天然物有機化学の日本における先駆的な研究者で多くの化学者を養成した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝比奈泰彦
あさひなやすひこ
(1881―1975)

薬学者。東京・本所に生まれる。東京帝国大学出身。薬学博士。チューリヒのウィルシュテッターに、ついでベルリンのフィッシャーに学ぶ。東大助教授を経て教授となり、下山順一郎の生薬学講座を継承。和漢薬を中心とした化学的研究により1923年(大正12)帝国学士院恩賜賞を受賞した。帝国学士院会員。樟脳(しょうのう)の生体内酸化成績体ビタカンファーを創製。未開の地衣成分の特異な本質を次々に解明し、天然物化学における体系を明らかにした。地衣採集に80歳まで各地高山地帯を踏破した。東大名誉教授。文化勲章受章(1943)、文化功労者。日本薬学会、ドイツ化学会名誉会員。ドイツ学士院会員。薬理研究会理事長。第二次世界大戦後、宮内庁より正倉院薬物調査を委託された。主著に『地衣類』ほかがあり、『正倉院薬物』を監修した。[根本曽代子]
『根本曽代子編『朝比奈泰彦伝』(1966・広川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

朝比奈泰彦の関連キーワードフィッシャー(Emil Hermann Fischer)天然物有機化学恩賜賞受賞者浅野 三千三内藤 多喜夫朝比奈正二郎高橋 真太郎高橋真太郎刈米 達夫浅野三千三昭和時代石館守三桑田 智三宅 馨朝比奈明治