コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝熊小菜(あさまこな)

デジタル大辞泉プラスの解説

朝熊小菜(あさまこな)

三重県伊勢市で生産される葉物野菜。アブラナ科の野菜。朝熊山麓で古くから栽培されてきた。1630年、奥州から配流された秋田実季が伝えたとの伝承がある。漬物に利用される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

朝熊小菜[葉茎菜類]
あさまこな

東海地方、三重県の地域ブランド。
伊勢市で生産されている。古くから朝熊山麓の伊勢市四郷地区で栽培されている。厳しい冬の寒さと霜に打たれ、菜がやわらかくなる。早春味覚塩漬けにしたり、正月の雑煮にしたりして利用される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android