コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝熊小菜(あさまこな)

1件 の用語解説(朝熊小菜(あさまこな)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

朝熊小菜(あさまこな)

三重県伊勢市で生産される葉物野菜アブラナ科の野菜。朝熊山麓で古くから栽培されてきた。1630年、奥州から配流された秋田実季が伝えたとの伝承がある。漬物に利用される。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝熊小菜(あさまこな)の関連キーワード赤大葉高菜おおっ葉かぶれな長岡菜三重なばな水かけ菜三重県伊勢市岡本三重県伊勢市河崎三重県伊勢市常磐三重県伊勢市宮後

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone