朝覲行幸(読み)ちょうきんぎょうこう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝覲行幸
ちょうきんのぎょうこう

覲は謁見の意で、天皇が親である太上(だいじょう)天皇・皇太后の居所を訪問し拝謁すること。朝覲行幸とはそのために行幸、すなわち外出すること。嵯峨(さが)天皇の809年(大同4)8月に始まったとされ、平安時代に盛んになる。鎌倉時代まで行われたが、以後は下火になった。年始の挨拶(あいさつ)として正月の3、4日ごろに行われるのが朝廷の恒例の儀となったが、ほかに践祚(せんそ)、即位または元服のあとに行われる臨時の儀もあった。

[酒井信彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の朝覲行幸の言及

【朝覲】より

…天皇が年の初めに太上天皇,皇太后の宮に行幸して,正月のあいさつをすること。朝覲行幸ともいう。朝覲は本来は諸侯が天子に拝謁する意。…

※「朝覲行幸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報