コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮物産奨励運動 ちょうせんぶっさんしょうれいうんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮物産奨励運動
ちょうせんぶっさんしょうれいうんどう

1923年から朝鮮国内で展開された,朝鮮物産愛用の社会運動。 19年の三・一運動後の文治政策の枠内で,朝鮮物産の消費拡大による生産力の拡大を企図した。 22年末に平壌で開始されたが,本格的に展開されたのはソウルに「朝鮮物産奨励会」が結成されてからである。これ以後,各地に物産奨励会が組織され,運動は 25年まで継続された。「朝鮮物産」という言葉は「国産」という言葉を使えなかったことに由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝鮮物産奨励運動の関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助村田実内閣総理大臣奥健蔵前田河広一郎有島武郎イノニュ帰山教正

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android