コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下克巳 きのした かつみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下克巳 きのした-かつみ

1905-1972 昭和時代の洋画家。
明治38年6月19日生まれ。郷里和歌山県教職につくかたわら,創作活動をおこなう。昭和16年「蛾」で文展特選。21年青甲会を結成。県展審査員,県美術家協会会長,示現会和歌山支部長などをつとめた。昭和47年10月25日死去。67歳。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品はほかに「根来寺の秋」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木下克巳の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android