コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木呂子退蔵 きろこ たいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木呂子退蔵 きろこ-たいぞう

1827-1901 幕末-明治時代の武士,自由民権運動家。
文政10年11月3日生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩大目付。館林断髪党にくわわる。戊辰(ぼしん)戦争では総督府軍監として陸奥(むつ)白河(福島県)に進軍。明治13年群馬県内の有志総代のひとりとして国会開設を請願した。明治34年5月11日死去。75歳。出羽(でわ)山形出身。名は元孝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木呂子退蔵の関連キーワード木呂子元孝明治時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android