コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木屋弥三右衛門 きや やそうえもん

2件 の用語解説(木屋弥三右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木屋弥三右衛門 きや-やそうえもん

?-? 江戸時代前期の豪商。
和泉(いずみ)(大阪府)堺(さかい)の人。シャム,カンボジア,ルソンへの朱印状をえて慶長11年(1606)以来朱印船を派遣,角倉了以(すみのくら-りょうい),末吉吉安らとならんで海外貿易に活躍。元和(げんな)9年シャム使節が徳川家康に謁見した折の通訳をつとめた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

木屋弥三右衛門

生年:生没年不詳
江戸前期の和泉国堺(大阪府)の朱印船貿易家。江戸幕府よりの異国渡海朱印状の交付数においては,角倉,末吉,茶屋など各家の豪商に比肩した。特に,暹羅国(タイ)へは,慶長11(1606)年から元和6(1620)年まで7通を拝領し,その他の大名,商人を圧倒。このほか,柬埔寨(1608),呂宋(1615)への朱印状も拝領した。こうした渡航経歴により,慶長18(1613)年には,暹羅国情勢を徳川家康より諮問されている。また,元和7年と同9年2度の暹羅国使節来日の際は,入道姿で江戸城や京都二条城に出仕し,以心崇伝らと外交儀礼の場に臨席している。<参考文献>以心崇伝『影印本異国日記

(岩崎義則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木屋弥三右衛門の関連キーワード荒木宗太郎朱印船奉書船御朱印船末吉長方大黒屋助左衛門茶屋四郎次郎(4代)橋本十左衛門浜田小左衛門船本顕定

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone