コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木崎盛標 きざき もりすえ

1件 の用語解説(木崎盛標の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木崎盛標 きざき-もりすえ

1712-? 江戸時代中期の武士,博物家。
正徳(しょうとく)2年生まれ。水野忠任(ただとう)につかえ,軍師をつとめる。宝暦12年忠任の三河(愛知県)岡崎から肥前唐津(からつ)(佐賀県)への転封にしたがう。領内巡見時の写生画をもとに種々の図巻をあらわす。寛政元年(1789)78歳で生存の史料がある。号は攸(悠)軒(ゆうけん),攸々軒。著作に「獲鯨図説」「肥前国(州)産物図考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

木崎盛標の関連キーワード伊奈忠逵佐藤秀周佐野政親嶋正祥関又右衛門滝信彦田中長与土岐頼香堀山城(4代)武士八十氏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone