コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水野忠任 みずの ただとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

水野忠任 みずの-ただとう

1736-1812* 江戸時代中期の大名。
元文元年生まれ。三河(愛知県)岡崎藩主水野忠辰(ただとき)の押し込め隠居により一族から養子にはいり,宝暦2年(1752)水野家7代となる。転封(てんぽう)により12年肥前唐津(からつ)藩(佐賀県)藩主水野家初代。6万石。楮(こうぞ)の強制栽培,新課税などで増収をはかるが,明和8年虹の松原一揆(いっき)がおこり,改革に失敗した。文化8年12月27日死去。76歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

水野忠任

没年:文化8.12.27(1812.2.9)
生年:元文1(1736)
江戸中・後期の肥前国唐津藩(佐賀県唐津市)藩主。通称は長十郎。織部正に任ぜられ,のち和泉守に改め,隠居後越前守に改める。父は旗本水野守満。宝暦1(1751)年三河国岡崎藩主水野忠辰が「押込」により隠居させられたため養子となり,2年6万石を継ぐ。三方領知替により12年唐津に転じる。転封の際の出費がかさみ財政が逼迫したため年貢の増徴,専売制の強化などの財政改革を断行。先例を無視し農民に大きな負担をかける政策であったので,明和8(1771)年農民2万人余が蜂起するという「虹の松原一揆」が起こり改革は失敗。その責を負って安永4(1775)年隠居,養子の忠鼎に家督を譲った。

(小柴良介)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

水野忠任の関連キーワード木崎盛標水野忠鼎冨田才治没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android