コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木戸松子 きど まつこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木戸松子 きど-まつこ

1843-1886 幕末-明治時代,木戸孝允(たかよし)の妻。
天保(てんぽう)14年生まれ。若狭(わかさ)(福井県)小浜(おばま)藩士の娘。父の死後京都祇園(ぎおん)の芸妓(げいぎ)となる。桂小五郎(のちの木戸孝允)の尊攘(そんじょう)運動をたすけ,のち結婚。明治10年夫が病死すると出家した。明治19年4月10日死去。44歳。京都出身。芸妓名は幾松。法名は翠香院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木戸松子の関連キーワードナンバースクールライトドープシュアメリカ合衆国史(年表)岩石区ビリエ・ド・リラダンラフォルグアママンアレキサンダーウィルソン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android