(読み)ショウ

デジタル大辞泉 「梢」の意味・読み・例文・類語

しょう【梢】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ショウ(セウ)(呉) [訓]こずえ
枝の先。こずえ。「梢頭
物の先端。「末梢
[名のり]すえ・たか

こ‐ずえ〔‐ずゑ〕【×梢/×杪】

《木の末の意》木の幹や枝の先。木の先端。木末こぬれ
[類語]木末こぬれ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「梢」の意味・読み・例文・類語

こ‐ずえ‥ずゑ【梢】

  1. 〘 名詞 〙 ( 木の末の意 ) 枝の末。幹の先。木末(こぬれ)
    1. [初出の実例]「猶蘭香の梢(こスヱ)の如くせむ」(出典:西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)九)
    2. 「よものこずへそこはかとなう、けぶりわたれるほど」(出典:源氏物語(1001‐14頃)若紫)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android