コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三国山 みくにやま

5件 の用語解説(三国山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三国山
みくにやま

群馬県北部のみなかみ町新潟県南東部の湯沢町の境にある山。標高 1636m。三国山脈の一部をなす。山体は閃緑岩からなり,山頂は東西に長く,起伏の少ない平坦地。ツツジ高山植物が美しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

三国山
みくにやま

長野・埼玉・群馬3県の県境,秩父山地の西部にある山。標高 1826m。千曲川上流部,荒川の支流中津川の源流部に位置する。山体は中世代ジュラ紀の岩石から成り,東麓は原生林におおわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みくに‐やま【三国山】

群馬県北西部にある山。標高1636メートル。群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼郡湯沢町の境、三国山脈の鞍部に位置する。三国峠の北約1キロメートル
群馬県(旧上野(こうづけ)国)・埼玉県(旧武蔵国)・長野県(旧信濃国)の県境にある山。標高1834メートル。神流(かんな)川と中津川の源流部にあたる。また、中津川・神流川千曲川分水界。名は、かつての三国にまたがることから。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みくにやま【三国山】

群馬・埼玉・長野県境にある秩父山地の山。標高1828m。山名は上野,武蔵,信濃の3国にまたがることによる。地質は中生代ジュラ紀の砂岩,ケツ岩などからなる大滝層群である。荒川の支流中津川,千曲川の支流二本木沢,利根川の支流神流(かんな)川の分水嶺をなし,群馬・埼玉側は森林,長野側は草地である。北側に三国峠,南側に十文字峠(2020m)があったが,1966年十文字峠との間の新三国峠に中津川林道(全長18.4km)が開通し,中津川と千曲川の流域を結んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三国山
みくにやま

群馬と新潟の県境にある三国山脈の一峰。標高1636メートル。第三紀中新統の造山運動で形成され、おもに閃緑(せんりょく)岩からなっているが、山頂は泥岩で東西に長いやや平坦(へいたん)な面がある。これが南側から眺めると寄棟型の屋根に似て見える。国道17号の三国トンネル口(標高約1100メートル)から三国峠を経て急坂を登ると山頂に至る。ここから平標(たいらっぴょう)山、仙ノ倉(せんのくら)山、万太郎(まんたろう)山などを経て谷川岳への縦走路がある。植物相は雪と強風の影響でツツジ類の灌木(かんぼく)と高山性の草花が目につく。[村木定雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三国山の関連キーワード奥秩父神流川十文字峠秩父山地甲武信岳小鹿野[町]埼玉県秩父郡東秩父村堂平山奥秩父山地外秩父山地

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三国山の関連情報