コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村園三郎 きむら そのさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村園三郎 きむら-そのさぶろう

1848-1865 幕末の武士。
嘉永(かえい)元年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。水戸藩郷校潮来(いたこ)館の林五郎三郎に共鳴して尊攘(そんじょう)運動にはいる。那珂湊(なかみなと)で榊原(さかきばら)新左衛門をたすけて幕府軍とたたかう。武田耕雲斎にしたがって京都をめざす途中で捕らえられ,元治(げんじ)2年2月16日越前(えちぜん)(福井県)敦賀(つるが)で同志とともに処刑された。18歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木村園三郎の関連キーワード嘉永

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android