コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村惣九郎 きむら そうくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村惣九郎 きむら-そうくろう

?-? 江戸時代後期の農民。
寛政年間(1789-1801)に越後(えちご)(新潟県)三島郡(さんとうぐん)宝地(ほうじ)村の庄屋となる。役人に直言してはばからず,窮民があれば私財を投じてすくった。和漢の書に通じ,「寺社口説」「役人口説」などの俗謡をつくって世を風刺した。著作に「塵の浮世」「粒々辛苦」「地獄征伐」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木村惣九郎の関連キーワードフランス革命喜多川歌麿曲芸ベルサイユ細田栄之ルフェーブル(Georges Lefebvre)ワシントン(George Washington)フランス文学史真刀徳次郎ペリュー

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android