コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村斯光 きむら しこう

美術人名辞典の解説

木村斯光

日本画家。京都住。名は健吉、初号は大来・大乗。京美工・京都絵専卒。菊池契月に師事し、契月ゆずりの清麗な美人画を得意とする。帝展特選、日展会友。昭和51年(1976)歿、81才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村斯光 きむら-しこう

1895-1976 大正-昭和時代の日本画家。
明治28年5月9日生まれ。菊池契月に美人画をまなぶ。帝展で大正10年花魁(おいらん)をえがいた「春宵」が初入選,昭和4年「牟礼(むれ)の義経」で特選。のち病のため制作を休止,29年日展に「静謐(せいひつ)」を出品して復帰した。昭和51年11月10日死去。81歳。京都出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。本名は健吉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木村斯光の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android