コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牟礼 むれ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

牟礼
むれ

香川県中部,高松市北東部の旧町域。志度湾に臨み,庵治半島基部に位置する。相引川を挟んで屋島と対する。 1962年町制。 2006年高松市に編入。北部に五剣山,南部に花崗岩山地があり,小盆地の形をなす。低地では米作のほか野菜栽培が行なわれる。湾岸部ではハマチ,タイなどを養殖。西部に石材加工団地,東部に窯業,畜産加工,中部に秤,機械などの製造工場がある。讃岐国国造の始祖神櫛王の陵墓,四国八十八ヵ所第 85番札所の八栗寺,幕末の儒者柴野栗山をまつる栗山堂などのほか,『平家物語』ゆかりの旧跡も多い。開法寺の板彫阿弥陀曼荼羅は国の重要文化財

牟礼
むれ

長野県北部,飯綱町南・西部を占める旧村域。飯縄山の東斜面にある。 1955年高岡村と中郷村が合体して牟礼村が成立。 2005年三水村と合体して飯綱町となった。中心集落の牟礼はかつて北国街道の宿場町。 1980年代以降は長野市の郊外住宅地となっている。米作とリンゴ,モモの果樹栽培が主産業。別荘地やスキー場,ゴルフ場がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

むれ【牟礼】

香川県北東部、高松市の地名。五剣山や八栗寺がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

牟礼の関連情報