コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村荘太(読み)きむら そうた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村荘太 きむら-そうた

1889-1950 明治-昭和時代の小説家。
明治22年2月3日生まれ。木村荘平の子。第2次「新思潮」同人。白樺(しらかば)派に共鳴し,一時「新しき村」に参加。関東大震災後,千葉県で農耕生活をおくる。昭和25年4月15日自殺。61歳。東京出身。京華中学卒。随筆集に「農に生きる」,自伝に「魔の宴」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android