コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村荘平 きむら そうへい

1件 の用語解説(木村荘平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村荘平 きむら-そうへい

1841-1906 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)12年生まれ。木村荘八(しょうはち),木村荘十,木村荘十二(そとじ)らの父。京都の鹿児島藩邸御用をつとめ,明治11年上京。官設屠場(とじょう)の民営化や肉問屋組合の創設につくす。牛鍋チェーン店いろは」を東京市内各地に開店,運営を愛人たちにまかせた。明治39年4月27日死去。66歳。山城(京都府)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の木村荘平の言及

【牛鍋】より

…その前年刊行された仮名垣魯文(かながきろぶん)の《安愚楽鍋(あぐらなべ)》には〈牛鍋食はねば開化不進奴(ひらけぬやつ)〉とあり,すでに牛なべは文明開化を象徴する食べものになっていた。77年ごろには牛なべをあきなう店が急増し,東京では488軒を数えたというが,とくに大衆的普及にあずかって力のあったのは81年ごろ〈いろは四十八店〉を目標に,木村荘平(木村荘八らの父)が開業した〈いろは〉であった。元来牛なべの呼称は関東のものであり,関西では〈すき焼〉と呼んでいた。…

※「木村荘平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木村荘平の関連キーワード今井清次郎小西新右衛門(11代)菅礼治田村利七那須善右衛門西川甫平出喜三郎(初代)本荘一行曲田成山口六平

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

木村荘平の関連情報