コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木津宗詮 きづ・そうせん

1件 の用語解説(木津宗詮の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

木津宗詮

没年:安政5(1858)
生年:宝暦10(1760)
江戸後期の茶匠。卜深庵,松斎,寒松軒と号した。大坂木津の願泉寺生まれる。はじめ降竜と名乗って36代住職を継ぐが,弟の昇竜に寺を譲って江戸に出る。大名茶人として知られた出雲松江藩主松平不昧の知遇を得て,大崎の別邸で茶道を学ぶ。その命によって武者小路千家5代宗守一啜斎の門下となり,還俗して木津宗詮と称した。天保2(1831)年紀州徳川家に茶道役として出仕。2代宗詮も播磨高砂の善立寺から養子となり,得浅斎と号して紀州家に仕えた。

(谷端昭夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木津宗詮の関連キーワード平松亮卿比喜多松斎海門禅恪片桐宗猿木津宗詮(初代)春秋軒一葉(3代)松斎松平寒松

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone