コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木炭自動車 もくたんじどうしゃ

大辞林 第三版の解説

もくたんじどうしゃ【木炭自動車】

木炭ガス発生炉によって発生するガスを燃料にして走る自動車。第二次大戦末期から戦後の一時期、日本で用いられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もくたんじどうしゃ【木炭自動車】

車体後部に装備したガス発生炉によって木炭を乾留し,発生する木炭ガスを燃料とする一種のガス機関自動車。ガス発生炉の中で固体燃料を不完全燃焼させ,一酸化炭素を主成分とする可燃ガスをとりだし,冷却器,清浄器を通したのちガス空気混合器へ送りエンジンを作動させる。ガスを発生させるための固体燃料としては,木炭のほかに石炭,コークスなどが用いられた。フランスで開発されたものであるが,第1次世界大戦後,軍用自動車の重要性が認識されるに及び,日本でも石油資源の少ない国情を考慮して大正末に研究が開始された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木炭自動車の関連キーワード一時期

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android