木藤八三郎(読み)きふじ はちさぶろう

  • 木藤八三郎 きふじ-はちさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

?-1890 明治時代の治水家。
三河(愛知県)の人。江戸時代後期に都筑弥厚(つづき-やこう)が計画し,明治12年伊予田(いよだ)与八郎,岡本兵松らが着工した三河碧海(へきかい)台地用水路開削工事の出資者のひとりとなる。翌年矢作(やはぎ)川を水源とし,幹線水路52kmにおよぶ用水路が完成し,明治用水と名づけられた。明治23年2月23日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android