コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明治用水 めいじようすい

6件 の用語解説(明治用水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

明治用水
めいじようすい

愛知県中央部をほぼ南流する農業用水路。矢作川の中流,豊田市の今地区から取水し,西三河平野を灌漑して境川,矢作川に注ぐ。幹線水路延長 52km,支線水路延長 320km。地元の豪農都築弥厚が私財を投じて測量,天保4 (1833) 年許可を得たが病没。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

めいじ‐ようすい〔メイヂ‐〕【明治用水】

愛知県安城市を中心に灌漑(かんがい)をする用水。矢作(やはぎ)川を水源として、明治13年(1880)完成。現在は豊田市越戸の発電所ダムから取水。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

明治用水【めいじようすい】

愛知県矢作(やはぎ)川中流,豊田市の水源(すいげん)町付近から取水し,安城・西尾両市を中心に岡崎平野を灌漑(かんがい)する用水路。幹線52km,支線296km,灌漑面積約1万ha。
→関連項目安城[市]矢作川

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

めいじようすい【明治用水】

愛知県中部,岡崎平野を流れる用水。愛知用水豊川用水と並ぶ愛知県三大用水の一つ。矢作(やはぎ)川の水を豊田市水源町付近で取水し,豊田市南部で刈谷市へ延びる西井筋を分流し,安城市北部で高浜市,碧南(へきなん)市へ延びる中井筋と西尾市へ向かう東井筋に分かれて碧海(へきかい)台地をうるおす。幹線水路は52km,支線延長は296kmに達する。1827年(文政10)碧海郡和泉村(現,安城市)の酒造家都築弥厚(つづきやこう)が用水計画を江戸幕府へ出願したのが始まりで,民間資本をもとに1879年に工事が開始され,翌80年に完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

めいじようすい【明治用水】

愛知県安城市を中心に、矢作川の下流一帯を灌漑する用水。明治13年(1880)に通水。水路延長約350キロメートル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明治用水
めいじようすい

愛知県安城(あんじょう)市を中心に、西三河(にしみかわ)地方八市を潤す農業用水。受益面積約6000ヘクタール(2005年)。矢作(やはぎ)川を水源とし東・中・西・鹿乗(かのり)井筋を含む幹線水路の総延長は約60キロメートル。当初計画は幕藩体制下の1827年(文政10)に立てられたが、一度挫折(ざせつ)し完成したのが1880年(明治13)である。現在、明治用水土地改良区(安城市)によって管理されている。
 開削は、都築弥厚(つづきやこう)(代官・酒造業)によって計画されたが、藩主、農民の反対にあって挫折した。明治政府の成立後、地元の伊予田(いよだ)与八郎、岡本兵松(ひょうまつ)の別々の出願が愛知県庁によって一本化され、許可・実現をみた。計画、資本ともに民間主導型で行われた用水で同時期にできた官営の安積(あさか)疎水とは対照的である。通水された碧海(へきかい)台地は乏水性の原野であったが、みごとな穀倉地帯に変わった。大正末から昭和初期には「日本のデンマーク」ともいわれたが、指導者山崎延吉(のぶよし)の力が大きい。[伊藤郷平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

明治用水の関連キーワード矢作川愛知県愛知郡愛知県岡崎市岡町愛知県岡崎市康生町愛知県知立市愛知県岡崎市伝馬通愛知県愛知郡東郷町愛知県岡崎市柱愛知県岡崎市六名久野庄太郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

明治用水の関連情報