明治用水(読み)めいじようすい

  • めいじようすい〔メイヂ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛知県中央部をほぼ南流する農業用水路矢作川中流,豊田市の今地区から取水し,西三河平野灌漑して境川矢作川に注ぐ。幹線水路延長 52km,支線水路延長 320km。地元の豪農都築弥厚私財を投じて測量,天保4 (1833) 年許可を得たが病没。その後岡本兵松伊予田与八郎が引継ぎ 1909年完成。 26年に台地北部を潤す枝下 (しだれ) 用水合併,日本有数の用水路となる。用水の開削は乏水性の洪積台地を沃野化し,日本のデンマークと呼ばれる多角的農業地域に発展させる基礎となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

愛知県矢作(やはぎ)川中流,豊田市の水源(すいげん)町付近から取水し,安城・西尾両市を中心に岡崎平野を灌漑(かんがい)する用水路。幹線52km,支線296km,灌漑面積約1万ha。不毛の台地安祥(あんじょう)ヶ原開拓のため,地元の豪農都築弥厚(つづきやこう)が私財を投じて測量,1833年工事の許可を得たが病没。明治維新後,岡本兵松,伊予田与八郎が計画を継承,地元資本をも動員して開削し,1880年に完成。これによって開拓地は日本のデンマークとよばれた先進的な農業地域へと発展した。
→関連項目安城[市]矢作川

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

愛知県中部,岡崎平野を流れる用水。愛知用水豊川用水と並ぶ愛知県三大用水の一つ。矢作(やはぎ)川の水を豊田市水源町付近で取水し,豊田市南部で刈谷市へ延びる西井筋を分流し,安城市北部で高浜市,碧南(へきなん)市へ延びる中井筋と西尾市へ向かう東井筋に分かれて碧海(へきかい)台地をうるおす。幹線水路は52km,支線延長は296kmに達する。1827年(文政10)碧海郡和泉村(現,安城市)の酒造家都築弥厚(つづきやこう)が用水計画を江戸幕府出願したのが始まりで,民間資本をもとに1879年に工事が開始され,翌80年に完成した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

愛知県安城市を中心に、矢作川の下流一帯を灌漑する用水。明治13年(1880)に通水。水路延長約350キロメートル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛知県安城市(あんじょうし)を中心に、西三河(にしみかわ)地方八市を潤す農業用水。受益面積約6000ヘクタール(2005年)。矢作(やはぎ)川を水源とし東・中・西・鹿乗(かのり)井筋を含む幹線水路の総延長は約60キロメートル。当初計画は幕藩体制下の1827年(文政10)に立てられたが、一度挫折(ざせつ)し完成したのが1880年(明治13)である。現在、明治用水土地改良区(安城市)によって管理されている。
 開削は、都築弥厚(つづきやこう)(代官・酒造業)によって計画されたが、藩主、農民の反対にあって挫折した。明治政府の成立後、地元の伊予田(いよだ)与八郎、岡本兵松(ひょうまつ)の別々の出願が愛知県庁によって一本化され、許可・実現をみた。計画、資本ともに民間主導型で行われた用水で同時期にできた官営の安積(あさか)疎水とは対照的である。通水された碧海(へきかい)台地は乏水性の原野であったが、みごとな穀倉地帯に変わった。大正末から昭和初期には「日本のデンマーク」ともいわれたが、指導者山崎延吉(のぶよし)の力が大きい。[伊藤郷平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版の解説

明治三大用水の一つで,矢作 (やはぎ) 川を水源とし愛知県安城・西尾両市を中心とする灌漑用水
1827年,豪農都築弥四郎が計画を出願。明治維新後,商人岡本兵松・豪農伊予田与八郎が計画を継ぎ,愛知県の援助を得て '79年着工,'84年開通。さらに拡張され,1926年に今日の用水が完成した。灌漑される安城・西尾両市の約1万町歩は代表的先進農業地域となり,日本のデンマークとして知られていた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明治用水の関連情報