コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末吉道節 すえよし どうせつ

3件 の用語解説(末吉道節の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

末吉道節

江戸前期の俳人。摂津平野の人。松永貞徳に学ぶ。「白うるりの道節」と称せられる。承応3年(1654)歿、47才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末吉道節 すえよし-どうせつ

1608-1654 江戸時代前期の俳人。
慶長13年生まれ。摂津平野(大阪府)の豪商東末吉家の一族。松永貞徳(ていとく),斎藤徳元にまなぶ。「もしあらば雪女もや白うるり」の句で,「白うるりの道節」とよばれた。句は「鷹筑波(たかつくば)集」などにある。承応(じょうおう)3年8月12日死去。47歳。名は増則。通称は源太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

末吉道節

没年:承応3.8.12(1654.9.22)
生年:慶長13(1608)
江戸初期の俳人。名は増則。通称源太郎。道節は法名。末吉船で知られる豪家,摂津国平野郷(大阪府)東末吉家の分家,大坂本町の末吉之重の子。平野の本家増重(母の父)の養子となる。松永貞徳から古今伝授,伊勢物語講義を受け,貞徳と斎藤徳元に俳諧を学んだ。寛永19(1642)年,山本西武編の『鷹筑波集』に増重と共に入集して以来,貞門諸集に入集。『誹仙三十六人集』『誹諧百人一句』『古今誹諧師手鑑』にも選ばれている。「もしあらば雪女もや白うるり」の句によって,「白うるりの道節」と呼ばれた。義弟宗久(誹号寸計)も俳諧を能くした。

(加藤定彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末吉道節の関連キーワード伊勢村意朔池島成之浦香雨半井和年牧興相太祇伯庵月守鶴屋源太郎中村源太郎

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone