本中(読み)ほんちゅう

精選版 日本国語大辞典「本中」の解説

ほん‐ちゅう【本中】

〘名〙
① 相撲で、番付の二段目の第一番目の称。
※随筆・相撲今昔物語(1785)七「瀬切より十五枚目迄、通称本中といふとあり〈略〉原来本中とは瀬切より六七枚目をいふなり」
② (「ほんぢゅう」とも) 番付にのらない前相撲連勝の星二つをとった力士の進む地位。ここでさらに連勝の星二つを取った力士は「新序」へ進む。
※相撲講話(1919)〈日本青年教育会〉力士の階級と給金「前相撲となって〈略〉二番続けて勝てば勝星一点をとり、此星二つたまれば本中(ホンヂウ)へ出世するのである」
③ 歌舞伎で、名題役者より下位、稲荷町より上位の階級の役者。
※滑稽本・戯場粋言幕の外(1806)下「立役中二階たっぷり、本中(ホンチウ)、合中、板の間、お囃子、みんなばりつく能顔だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本中」の解説

ほん‐ちゅう【本中】

前相撲で、連勝の星二つを取って進む地位。さらに連勝の星二つを取れば新序へ進む。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

まん延防止等重点措置

新型インフルエンザ等対策特別措置法において定められた措置。2019年に中国で初めて確認され、その後世界中に感染が拡大した新型コロナウイルス感染症(COVID(コビッド)-19)対策の推進を図るため、2...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android