コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本城清 ほんじょう きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本城清 ほんじょう-きよし

1825-1865 幕末の武士。
文政8年11月1日生まれ。周防(すおう)(山口県)徳山藩士。伯父(おじ)本城太仲の養子となり,弘化(こうか)元年家督をつぐ。江戸で安積艮斎(あさか-ごんさい)にまなび,のち尊攘(そんじょう)思想をいだく。禁門の変後,恭順派により投獄され,元治(げんじ)2年1月14日新宮浜で絞殺された。41歳。本姓江村。名は斐。字(あざな)は仲章。号は素堂

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本城清の関連キーワード江村彦之進

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android