コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本城清 ほんじょう きよし

1件 の用語解説(本城清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本城清 ほんじょう-きよし

1825-1865 幕末の武士。
文政8年11月1日生まれ。周防(すおう)(山口県)徳山藩士。伯父(おじ)本城太仲の養子となり,弘化(こうか)元年家督をつぐ。江戸で安積艮斎(あさか-ごんさい)にまなび,のち尊攘(そんじょう)思想をいだく。禁門の変後,恭順派により投獄され,元治(げんじ)2年1月14日新宮浜で絞殺された。41歳。本姓は江村。名は斐。字(あざな)は仲章。号は素堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

本城清の関連キーワード松島剛蔵大津唯雪熊田恰佐々与衛門清水晴国住江甚兵衛大胡聿蔵武田魁介畑弥平弘中与三右衛門

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本城清の関連情報