本多助芳(読み)ほんだ すけよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多助芳 ほんだ-すけよし

1663-1725 江戸時代前期-中期の大名。
寛文3年5月生まれ。本多助久の次男。叔父本多利長(としなが)の養子となり,元禄(げんろく)6年出羽(でわ)村山藩(山形県)藩主本多家2代。越後(えちご)(新潟県)糸魚川(いといがわ)藩主をへて,享保(きょうほう)2年信濃(しなの)(長野県)飯山藩主本多家初代。2万石。享保10年4月14日死去。63歳。通称は靱負。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android