コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多助芳 ほんだ すけよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多助芳 ほんだ-すけよし

1663-1725 江戸時代前期-中期の大名。
寛文3年5月生まれ。本多助久の次男。叔父本多利長(としなが)の養子となり,元禄(げんろく)6年出羽(でわ)村山藩(山形県)藩主本多家2代。越後(えちご)(新潟県)糸魚川(いといがわ)藩主をへて,享保(きょうほう)2年信濃(しなの)(長野県)飯山藩主本多家初代。2万石。享保10年4月14日死去。63歳。通称は靱負。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本多助芳の関連キーワード紀海音霊元天皇嬉野次郎左衛門ピョートル有珠山有珠山インクルーシブ教育県内の待機児童数天野信景稲津祇空

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone