コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多助芳 ほんだ すけよし

1件 の用語解説(本多助芳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多助芳 ほんだ-すけよし

1663-1725 江戸時代前期-中期の大名。
寛文3年5月生まれ。本多助久の次男。叔父本多利長(としなが)の養子となり,元禄(げんろく)6年出羽(でわ)村山藩(山形県)藩主本多家2代。越後(えちご)(新潟県)糸魚川(いといがわ)藩主をへて,享保(きょうほう)2年信濃(しなの)(長野県)飯山藩主本多家初代。2万石。享保10年4月14日死去。63歳。通称は靱負。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

本多助芳の関連キーワード内田雪山河曲一蜂後藤清乗(2代)斎藤雇繒下村堤亭仲上法策馬場春水都又平友我吉田慎斎