コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多康慶 ほんだ やすよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多康慶 ほんだ-やすよし

1647-1718 江戸時代前期-中期の大名。
正保(しょうほ)4年生まれ。本多康長の子。叔父本多康将(やすまさ)の養子となり,延宝7年近江(おうみ)(滋賀県)膳所(ぜぜ)藩主本多家4代。その際1万石を従弟の忠恒(ただつね)に分与し,膳所藩は6万石となる。享保(きょうほう)3年11月10日死去。72歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本多康慶の関連キーワード牧野忠寿本多康命本多康敏

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android