コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多延嘉 ほんだ のぶよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多延嘉 ほんだ-のぶよし

1934-1975 昭和時代後期の革命運動家。
昭和9年2月6日生まれ。高校在学中に共産党入党。昭和31年離党,翌年黒田寛一(ひろかず)とともに日本革命的共産主義者同盟(革共同)を創立,書記長となる。のち中核派を結成し,黒田の革マル派との武力抗争(内ゲバ)を展開。50年3月14日革マル派に襲撃されて死亡。41歳。東京出身。早大中退。筆名は武井健人。著作に「安保闘争」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本多延嘉の関連キーワード清水宏黒人問題島津保次郎[各個指定]工芸技術部門谷川俊太郎伊藤大輔村田実山本嘉次郎衣笠貞之助三東ルシア

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android