コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多弘吉 ほんだ ひろきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多弘吉 ほんだ-ひろきち

1906-1982 昭和時代の地震学者。
明治39年3月24日生まれ。中央気象台にはいり,昭和15年初代地震課長となる。朝鮮総督府,仙台管区の各気象台長などをへて,26年東北大教授,35年東大教授。北伊豆(いず)地震を研究してはやくから断層地震説をとなえた。昭和57年8月23日死去。76歳。鳥取県出身。東京帝大卒。著作に「地震波動」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本多弘吉
ほんだひろきち
(1906―1982)

地震学者。鳥取県出身。1929年(昭和4)東京帝国大学理学部物理学科を卒業し、中央気象台に勤務。1940年初代の地震課長となる。1942年朝鮮総督府気象台長を経て、1946年(昭和21)中央気象台付属気象技術官養成所主事(現在の気象大学校校長にあたる)、1948年仙台管区気象台長。1951年東北大学理学部教授、1960年には東京大学理学部教授を務めた。1931年には前年発生した北伊豆地震の研究から早くも震源に2組の偶力を想定する発震機構を提唱し、今日の断層地震説の先駆けとなった。主著の『地震波動』(1942)は名著の誉れが高い。[藤井陽一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

本多弘吉の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android