コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多弘吉 ほんだ ひろきち

2件 の用語解説(本多弘吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多弘吉 ほんだ-ひろきち

1906-1982 昭和時代の地震学者。
明治39年3月24日生まれ。中央気象台にはいり,昭和15年初代地震課長となる。朝鮮総督府,仙台管区の各気象台長などをへて,26年東北大教授,35年東大教授。北伊豆(いず)地震を研究してはやくから断層地震説をとなえた。昭和57年8月23日死去。76歳。鳥取県出身。東京帝大卒。著作に「地震波動」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本多弘吉
ほんだひろきち
(1906―1982)

地震学者。鳥取県出身。1929年(昭和4)東京帝国大学理学部物理学科を卒業し、中央気象台に勤務。1940年初代の地震課長となる。1942年朝鮮総督府気象台長を経て、1946年(昭和21)中央気象台付属気象技術官養成所主事(現在の気象大学校校長にあたる)、1948年仙台管区気象台長。1951年東北大学理学部教授、1960年には東京大学理学部教授を務めた。1931年には前年発生した北伊豆地震の研究から早くも震源に2組の偶力を想定する発震機構を提唱し、今日の断層地震説の先駆けとなった。主著の『地震波動』(1942)は名著の誉れが高い。[藤井陽一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

本多弘吉の関連キーワード児童雑誌坂東三津五郎鳥羽一郎日野美歌THE虎舞竜鉱業政策敦煌石窟早稲田大学生田長江小松耕輔

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone