コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発震機構 はっしんきこう

大辞林 第三版の解説

はっしんきこう【発震機構】

地震の震源で、岩石が破壊され地震波を発生する機構。地震波の初動分布の解析から、力の方向が直交し、大きさが等しく、断層移動の方向が逆のモーメントをもつ二組みの偶力が、急激に働くモデルが確立している。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

発震機構【はっしんきこう】

地震発生時における震源域での力の働き方。地震波のうちP波は,その初動はどこの観測所でも同じ位相の点として明確に区別できる。この初動が震源からみて押しであるか引きであるかは震源での力の働き方を示す。
→関連項目石本巳四雄地震学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

発震機構の関連キーワードダン・ピーター マッケンジーモーメント・マグニチュードプレートテクトニクスサイスミシティモーメント本多弘吉初動分布偶力地震

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android