コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発震機構 はっしんきこう

2件 の用語解説(発震機構の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

はっしんきこう【発震機構】

地震の震源で、岩石が破壊され地震波を発生する機構。地震波の初動分布の解析から、力の方向が直交し、大きさが等しく、断層移動の方向が逆のモーメントをもつ二組みの偶力が、急激に働くモデルが確立している。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

発震機構【はっしんきこう】

地震発生時における震源域での力の働き方。地震波のうちP波は,その初動はどこの観測所でも同じ位相の点として明確に区別できる。この初動が震源からみて押しであるか引きであるかは震源での力の働き方を示す。
→関連項目石本巳四雄地震学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

発震機構の関連キーワード震源巨大地震警戒宣言宮城県沖地震震源域三連動地震連動地震震源域・波源域東海・東南海・南海地震の被害想定3連動地震

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone