コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多政均 ほんだ まさちか

2件 の用語解説(本多政均の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多政均 ほんだ-まさちか

1838-1869 幕末の武士。
天保(てんぽう)9年5月8日生まれ。代々加賀金沢藩の執政で,金沢城代をつとめる。文久3年八月十八日の政変の際は京都御所中立売(なかだちうり)門を警護した。元治(げんじ)元年以降,勤王派弾圧に関与した。新兵器による軍制改革や職制改革など藩政改革をすすめたが,守旧派ににくまれ明治2年8月7日刺殺された。32歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本多政均

没年:明治2.8.7(1869.9.12)
生年:天保9.5.8(1838.6.29)
幕末の加賀(金沢)藩士。本多正信を祖先とする5万石の大身,このことにより大名の格式を有した。明治維新後の藩政改革を指導,洋式兵制の導入を図る。これに藩主追放の風評が加わり,攘夷派不平士族により殺害された。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本多政均の関連キーワード小寺嘉兵衛高杉左膳田崎東西川升吉丹羽精蔵林与広木松之介森五六郎渡辺義助渡辺与八

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone