コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本庄宗資 ほんじょう むねすけ

3件 の用語解説(本庄宗資の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本庄宗資 ほんじょう-むねすけ

1629-1699 江戸時代前期の大名。
寛永6年生まれ。父は本庄宗正。姉光子は徳川家光の側室(桂昌院)で,徳川綱吉を生む。綱吉にひきたてられ館林(たてばやし)藩奏者役をへて,延宝8年御家人となる。元禄(げんろく)5年常陸(ひたち)(茨城県)笠間(かさま)藩主本庄家初代。4万石。7年1万石を加増された。元禄12年8月16日死去。71歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本庄宗資

没年:元禄12.8.16(1699.9.9)
生年:寛永6(1629)
江戸時代の幕臣,大名。通称は平四郎,次郎左衛門太郎兵衛宗正の子。5代将軍徳川綱吉の生母桂昌院 の弟。その関係から,明暦2(1656)年綱吉に召し出され,廩米800俵を給されて神田館の奏者衆,のち寄合となる。延宝8(1680)年綱吉の将軍家相続に伴って幕臣に列し,翌天和1(1681)年1200石を加増されたうえ廩米を改めて2000石を知行。3年3000石加増。翌貞享1(1684)年寄合となり,従五位下因幡守に叙任。元禄1(1688)年5000石を加増されて1万石の大名に取り立てられ,翌2年にも1万石加増。3年従四位下に叙され,5年に綱吉および桂昌院が宗資の屋敷を訪れた際,2万石を加増されて常陸国笠間城主となる。7年に綱吉,桂昌院の訪問があった際にも1万石を加増され,計5万石を領す。同年侍従に進む。桂昌院の縁者で,幕臣や大名に取り立てられた家は兄道芳系と宗資系の2系統があり,道芳系は孫道章 の代にようやく1万石の大名となった。これに対し,宗資系は子資俊の代にも2万石を加増されたうえ,別に孫宗長も2万石の大名に取り立てられた。この差は道芳が早くに没したためでもあるが,道芳が桂昌院の異母兄であるのに対し,宗資の方は同母弟であったことにも起因するものと思われる。宗資は桂昌院の縁により異数の出世をしたが,才智発明で仁心があったという。

(深井雅海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほんじょうむねすけ【本庄宗資】

1629‐99(寛永6‐元禄12)
江戸幕府5代将軍徳川綱吉の生母桂昌院の弟。1656年(明暦2)綱吉に仕え,80年(延宝8)幕臣となり800俵を給せられる。その後綱吉の恩寵厚く栄進をとげ,84年(貞享1)従五位下因幡守に叙任。88年1万石の大名となる。翌89年従四位下に昇進。92年4万石で常陸笠間城主となる。94年1万石加増,侍従に進む。将軍,桂昌院を私邸に迎えることもしばしばあった。【辻 達也】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

本庄宗資の関連キーワード堀利堅茶屋四郎次郎関亭伝笑平忠幹辻格亮妻木頼隆妻木頼栄妻木頼保長谷川雪朝吉井貞栄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone