コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

列伝 レツデン

デジタル大辞泉の解説

れつ‐でん【列伝】

多くの人々の伝記を書き並べたもの。「名将列伝
紀伝体の歴史で、著名な人臣の伝記を書き連ねたもの。→本紀

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れつでん【列伝】

人々の伝記を連ね記したもの。 「英雄-」
紀伝体の歴史の分類の一。人臣の伝記を並べた記録。 → 本紀世家

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の列伝の言及

【紀伝体】より

…《漢書》以下の正史がこの形式を踏襲するため,《隋書》経籍志では紀伝体の史書をすべて史部正史類に分類するのであって,正史の体ともいう。天子の伝記や国家の大事を記す本紀,臣下の伝記や諸外国の出来事を記す列伝,地理,法制,経済などの重要な事項をまとめた志,年表,功臣表などの表よりなるが,志,表は欠けることもある。【勝村 哲也】。…

【史記】より

…その次には,本紀と表が政治史に傾きすぎた欠を補って,儀礼,制度,音楽,天文,暦法,祭祀,治水問題,経済政策など,文化のさまざまなジャンルに関する概観を8巻の〈書〉にまとめて示す。その次には,諸侯の国々の歴史を30巻の〈世家(せいか)〉として記述し,さらに,さまざまな面で人間としての意味を歴史に刻印した多くの人物の伝記を70巻の〈列伝〉において叙述した。この列伝の中には,匈奴や西域諸国をはじめ,当時に知られたかぎりの諸外国や異民族に関する地誌,歴史,民俗なども記述されており,最後の列伝第70〈太史公自序〉において,このような総合的・体系的世界史を書くにいたった意図が述べられる。…

※「列伝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

列伝の関連キーワードウルトラゼロファイトプルターク英雄伝管鮑の交わり後漢書東夷伝プルタルコスジャーミー伯夷・叔斉覇者の條件ベルローリ都家 文雄水谷不倒轅下の駒古学小伝万世の後バザーリ風俗文選高麗史北斉書三国志南斉書

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

列伝の関連情報